信州の特産:松茸


松茸は、味・香り・歯触りが三位一体となった茸の王様。赤松に覆われた山に発生する。

ゴルフ場などで山がつぶれ昔ほど採れなくなって今や貴重品。韓国産など輸入が増えているが、味は国産が一番。

信州は、広島県に次いで全国で二番目の松茸の産地。東信・南信を中心に産地が散在する。

松茸の収穫の季節は、秋の9月中旬〜11月初旬である。産地ではまつたけ祭りなどの催しが行われる。
・下伊那郡豊丘村は、松茸の大産地。赤松が村木になっているほど全山が赤松に覆われた村である。
 恵まれた気象条件・土質に加え、手入れもしっかりしているので見事な松茸が収穫されるという。

上田市塩田は、「松茸山の小屋がけ」が有名。季節に松林に作られた小屋で、とりたての松茸料理が味わえる。 ・松本市穴沢(旧四賀村)穴沢温泉
松茸山荘では、地元の山で採れた松茸を使った松茸ずくしの料理が季節に味わえる。

・特産地: 豊丘村森林組合
上田市松茸山同業者組合
:豊丘村神稲 355 
:上田市塩田
・電話:0265-35-2121
・電話:0268-38-3264
 味処 : 堀越まつたけ観光:豊丘村河野6449-2 ・電話:0265-35-5256
    :信州穴沢温泉 いろりの宿 松茸山荘本館:松本市穴沢・電話:0263-64-2102
    :松茸小屋:上田市塩田
      城島園:0268-38-3152
あぜみち山荘:0268-38-9994
・見晴台 :0268-38-5884
・鈴子山荘:0268-38-5923
 など約15軒

・参照:塚田昌明著「長野県の歴史」山川出版社刊・信濃毎日新聞社刊「信州の味の名産と郷土料理」
・制作:99/02/25・更新:01/09/21・01/10/19・04/09/03・06/11/29
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる