名称
池波正太郎・真田太平記館
展示
信州をこよなく愛した作家池波正太郎氏(1923〜1990)の小説「真田太平記」の登場人物や、作者の資料、地形模型などで紹介する 真田太平記コーナーやシアター.池波氏の生活や代表的作品の世界などを遺品などで紹介する池波正太郎コーナーがある.
主な展示品:真田太平記関係の取材ノート、覚書ノート、鬼平犯科帳、剣客商売、藤枝梅安等、各原稿、初版本、文庫本、写真パネル、帽子、万年筆等池波正太郎遺品
交通
JR上田駅から徒歩.真っ直ぐに延びる国道141号線を往き駅から三つ目の信号、原町交差点を過ぎるとすぐ.車は上信越道上田菅平ICを降り。国道18号線を上田駅方面へ往き、国道141号線へ.上田パーキングの隣にある.ICから約10分
場所
〒386-0012 長野県上田市中央3−7−3[原町]
電話
0268(28)7100
備考
■開館:午前10時〜午後6時
■休館日:毎週水曜日(ただし祝日の場合は翌日)・祝日の翌日、年末年始(12月29日〜1月3日)
■観覧料 一般…300円(250円)・高校・大学生…200円(150円)・小・中学生…100円(80円)。※( )内は20人以上の団体料金 ■問い合わせ先:街区振興課(Tel.0268(23)5396)
■平成10年(1998)11月23日オープン
http://www.city.ueda.nagano.jp/shokoka/osirase/ikenami.htm

・訪問記:原稿、創作ノート、スケッチなどが展示されていて、池波正太郎を色々な角度から楽しく見ることが
出来ました。展示のしかたも工夫がなされていて、小さいながらもなかなか充実した内容でした。
池波正太郎はとても絵が上手いのですね。ここで見て以来、すっかりファンになり、時代物の小説よりも、
ちょっとした絵入りのエッセイが気に入ってよく読むようになりました。(寄せられたメールから)

・このぺーじはビジターの諸井さんの狭量を得て作成しました.ご協力に感謝します!!
・制作:00/01/04
信泉会のホームページへ  もくじへ