名称
白鳥神社
白鳥神社
祭神
海野氏の始祖貞元親王・善淵王・海野広貞
由緒
名前は、日本武尊の東征の折りこの地に滞在に由来. 平安・鎌倉時代の豪族であった海野氏の氏神.海野氏滅亡後は、旧北国街道海野宿の産土神として崇敬を集めてきた神社.旧社格:郷社
祭礼
例祭:4月12日(街道に10本の大幟が立ち並ぶ・舞姫による浦安の舞奉納)
名跡
本殿:寛政三年(1791)建立の流れ作り・拝殿:明治14年建立.境内中央の欅の木は樹齢700年を越えている
場所
東部町大字本海野
電話:026809-586-19
しなの鉄道田中駅2粁
北国街道海野宿の入り口にある.
交通
車 :R18号県交差点から1.5km・案内板に従っていく
電車:しなの鉄道田中駅下車徒歩20分(タクシーあり)
照会
東部町観光協会:0268ー62-1111
備考


・参考:海野宿パンフレット・白鳥神社案内板
・制作:98/05/02

Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の神社の目次へ