名称
新海三社神社(新海社)
新海三社神社
祭神
興波岐命
建御名方富命(たてみなかたとみのみこと)
事代主命
誉田別命(ほんだわけのみこと)

由緒
神代の昔、興波岐命が父君建御名方富命(大国主命の第二子・諏訪大社の主神.事代主命は、建御名方富命の兄君)を補佐して科野(しなのの)國を作り、後佐久地方の洪水を治め沃土を広め、その功を終えてこの地に鎮座された。古くは佐久郡を巡幸し、祭事は最も尊厳に行われた.西本社は、相殿造りで、源頼朝の命により誉田別命(八幡大神と称せられる応神天皇のこと)を奉斎した.源氏の尊崇が篤く、また武田信玄も社殿造営など深く崇敬し、起請文と鰐口・梵鐘を寄進した.佐久の一の宮
祭礼
例祭:10月1日
名跡
重要文化財「三重の塔」
場所
長野県南佐久郡臼田町大字田口

交通
JR小海線臼田駅より車で10分徒歩25分
照会
電話:0267-82-2563
備考


・参考:全国神社名刊行会編纂「全国神社名鑑」
・制作:97/11/28・更新:99/07/05
信泉会のホームページへ 信州の神社の目次へ